ウェブレッスン

2017.04.12

ミスしにくいアプローチ お客様の成功例

皆様こんにちは。橋爪光彦です。
今回はアプローチの打ち方について、お客様の成功例をお話しします。

写真1枚目は、『A嶺式アプローチ』。
特徴は、ボールに近く立ち、真上から見るようにします。
ヘッド軌道は、まっすぐで、インサイドに入らないように気をつけます。
打ち出されるボールは、低めですが、大きなミスが出にくい打ち方です。

写真2枚目は、『H式アプローチ』
特徴は、体を目標方向に向けて、足はオープンにして、半身で構えるようにすることです。
体重が右に残らず、最下点がボールの手前になりにくいので、ミスにとても強いです。
ヘッド軌道は、目標に対してストレートですが、
この場合は体を開いて構えていますので、体に対しては、インサイドに感じると思います。
打ち出されるボールは、こちらも低めですが、スピンが効きやすいです。

どちらの打ち方も、工夫するポイントをしっかり押さえれば、ミスが激減します。

デーブストックトンさんは、『アプローチの8割は、低いショットで良い』と言っていました。これさえできれば困らなそうです。

次回は、高いアプローチのコツをお伝えします。

ミスしにくいアプローチ お客様の成功例

ミスしにくいアプローチ お客様の成功例

ページTOPに戻る