ウェブレッスン

2017.05.20

シャットフェースで飛距離アップ

こんにちは。込山郁哉です。
今回はスライスやプッシュといった右に球が飛ぶ方への朗報です。

写真1の下側、左側がオープンフェース。右側がシャットフェースになります。
オープンフェースはクラブフェースが目標よりも右側に向いた状態になりやすいです。逆にシャットフェースはクラブが閉じた状態(左側を向いた状態)でスイングしますのでボールが右に飛びにくい性質を持ちます。

では・・・
このシャットフェース、どうすればできるのでしょう。

答えは写真2枚目にあります。

そう、左手の親指ですね。
グリップのロゴマークと左親指が同じ面になっていればクラブはシャットフェースになるようにできています。(最近のカチャカチャ機能が付いたクラブはこの通りではありません。)

また、このように親指がグリップの上側に来ると左手の甲を伸ばしながらスイングすることが出来ます。左手甲が伸びている状態になるとクラブはシャットフェースにしやすくなりますよね。

皆さんもボールが右に飛ぶようになって来たらテークバックに注意してみてください。写真3のようにシャットフェースに使えるようになったらボールがしっかりつかまるようになりますよ。つかまったボールは同じ力で打っても距離を出すことが出来るので飛距離アップにつながります。


込山郁哉の直近のスケジュールはコチラ

JGMオンコレインストラクター込山郁哉のブログ

シャットフェースで飛距離アップ

シャットフェースで飛距離アップ

シャットフェースで飛距離アップ

ページTOPに戻る