ウェブレッスン

2017.08.10

初心者でも安心!女性のためのゴルフレッスンマニュアル

ゴルフは年齢を問わず、誰もが楽しむことができるスポーツです。そのため、アクティブな女性たちの間では、ゴルフは人気が高いスポーツの1つとなっています。

ゴルフには、紳士淑女のスポーツとして長年親しまれてきたという歴史があり、そして、さまざまなルールや制約が存在します。したがって、初心者ゴルファーが海外や格式の高いゴルフ場に行く場合は、基本的なルールやマナーを学んでからがよいでしょう。


そこで、今回はこれから初めてゴルフにチャレンジするという女性のために、服装や持ち物、マナー、注意点などを説明していきます。それから、女性初心者向きのゴルフ場の探し方や、ラウンドレッスンについても紹介します。

まずは、ゴルフの服装について基本ルールを知っておこう!


一般的なゴルフ場には特に厳しい規定はありません。しかし、格式を重んじるゴルフ場では、服装に関しては一定のルールを定めているところもあります。そのため、これからゴルフを親しみたい人は、ゴルフの服装には常識としてどのような決まりごとがあるのかを知っておきましょう。


まず、ゴルフ場では、行き帰りの服装とプレー中の服装にいくつかのルールがあります。ゴルフ場への行き帰りには、ラウンドでプレーできるようなゴルフウェアでの来場はNGです。そのため、ゴルフウェアは手荷物で持ち込んで、ロッカールームにて着替えます。来場時の服装は、男性はジャケットに襟付きのシャツ、スラックスあるいはチノパンの組み合わせで、女性もそれに準ずる服装を基本とします。そして、Gパンなどのカジュアルすぎる服装はNGです。ちなみに、女性の場合はスカートでもOKです。靴はジャケットに合う革製や合成皮革のビジネスシューズやカジュアルシューズ、ウォーキングシューズのようなものを選べば問題ありません。一方、サンダルや布製のスニーカーなどの靴は避けた方がよいといえます。


次にプレー中の服装ですが、男女問わず服装は動きやすいものを着用することが基本です。女性の場合、ポロシャツにロング丈のパンツまたはゴルフ用スカート、ホットパンツなどでウェアの上下を揃えてみるのがよいでしょう。また、コーディネートを考えるのが難しいという人には、ゴルフ用のワンピースなどもあります。さらに、寒い時のために防寒着としてアウター(ウインドブレイカー、セーター、カーディガン、ベストなど)も追加で揃えておくのもよいことです。

その他に、ゴルフ場によっては露出度の高い短いスカートやホットパンツなどのゴルフウェアを禁止しているところもあります。そこで、プレーするゴルフ場がどのような服装を禁止しているかは、事前にゴルフ場のホームページなどでチェックすると安心です。

女性にはこれが必要!ゴルフをする際の持ち物とは?


ゴルフウェアを揃えたら、次はプレーをする際の持ち物を用意します。


最初に用意するものといえばゴルフクラブです。ウッド、アイアン、パターなどさまざまなタイプのクラブが存在します。ただし、コースに持ち込めるクラブは14本までで、また、それらを入れるキャディバッグも必要です。
そして、キャディバッグはゴルフ場のスタッフに預けることが多いため、ネームプレートなど自分の物だと分かる「印」を付けておくと、他人の物と間違うことはなくなります。

それから、ゴルフグローブ、ボール、ティー、マーカーなどを用意します。ちなみに、これらの小物も他の人の物との違いが分かりにくいため、名前入りや一目で自分の物と判断できるような色やマークが付いた物を選ぶとよいでしょう。


その他にも、帽子またはサンバイザー、靴下、汗拭きタオル、ゴルフ用スパイクシューズ、レインウェアなどが必要です。しかも、春から夏にかけてのゴルフでは日差しがかなり強くなるため、UVカットのサングラスや日焼け止めなども必需品となります。さらに、ラウンド後のシャワーや入浴で必要な入浴セット、化粧品、下着などの着替えも用意しておくとよいでしょう。

女性に人気のゴルフ場!注目すべき点はここ!


ゴルフ場では、多くの女性たちにプレーを楽しんでもらうために、利用しやすく整えた環境を色々用意しています。


女性に優しいゴルフ場を見つけるには、ゴルフの予約サイトを覗いてみるとよいでしょう。予約サイトでは、女性にお得な「レディースプラン」や「女性限定のプラン」などを設けているゴルフ場をすぐに見つけることができます。中には女性向けの「デザート付きランチ無料サービス」や、ゴルフ場での「カート無料サービス」など、料金の割引以外にもさまざまな特典を用意しているゴルフ場もあります。さらに、小さな子どもがいる母親のためにキッズルームを用意しているゴルフ場など、ファミリーで利用しやすい環境が整えられています。


その他にも、女性優遇プランのあるゴルフ場では「充実したアメニティ」や「アメニティセットの配布」、「清潔で明るいクラブハウス」そして「キレイに整えられたゴルフコース」など女性が訪れやすい環境が用意されています。このように、多くの女性ゴルファーのための環境が整えられたゴルフ場は、ますます増えていく傾向にあるといえるでしょう。

気をつけて!ゴルフ初心者がよくやるマナー違反とは?


ゴルフ場ではさまざまなマナーが存在します。特にゴルフ初心者の場合、知らないと同伴者やゴルフ場に迷惑をかけてしまうことも考えられます。それを避けるためにも、基本的なマナーを学んでからプレーを行うのがベストです。それでは、初心者が特に失敗してしまいがちなマナー違反の2、3例を紹介します。


まず、木の枝を折る、芝生を傷つける、土を掘り起こすなどの行為は絶対に禁止です。それと同様に、ゴルフコースでは芝生や環境を守るため「禁煙」となっていますので注意が必要です。中にはクラブハウス内でも禁煙指定しているところもあります。もしも、喫煙をする場合は、喫煙できる場所をしっかりと確認してから、決められた場所でタバコを吸うように心掛けましょう。


次に、ゴルフのプレー中はかなりの集中力を必要とします。そのため、他の人がティーショットをする前は、近くでおしゃべりや打ち込み、素振りなどの行為は禁止です。つまり、プレーを妨害しないように、静かに順番を待つのがゴルフのルールです。


そして、初心者の場合、慣れないうちは時間がかかり、同伴者や後続の組の人たちを待たせてしまうこともありえます。したがって、ほかの人たちの迷惑にならないように、常に一歩先を考えて行動するようにしましょう。さらに、初心者が失敗を最小限に抑えるためには、ゴルフ慣れしている同伴者と常に行動を共にして、その上同じように動くことがよい方法といえます。

ゴルフのマナーを覚えたら、さあ、ゴルフ場に出てみましょう!


ゴルフのマナーを一通り覚えた後は、実際にゴルフ場に出てみましょう。最初はゴルフに詳しい友人と共に参加するのがよいでしょう。友人と楽しく会話を交わしながらラウンドを経験し、ゴルフのルールやマナーを少しずつ身につけていくという方法がゴルフ好きになるコツです。しかし、もしも、このような形でゴルフ場デビューすることに不安を感じる人には、ゴルフ場の「ラウンドレッスン」に参加するという方法もあります。


ゴルフ場で開催されるラウンドレッスンの場合は、自然の中で気持ちよさを感じながら日常の喧騒感を忘れてじっくりとゴルフを学ぶことができます。また、実際のゴルフコースを利用して練習を行うため、室内ゴルフやゴルフ練習場でのレッスンより上達のスピードが早いともいえるでしょう。


広々としたラウンドならではのレッスン内容はさまざまで「ビギナーレッスン」、「プライベートレッスン」、「ハーフショットレッスン」、「バンカー克服レッスン」、「短期集中合宿レッスン」など、客のゴルフレベルに対応可能です。さらに、女性1人だけでも気軽に参加できるので、ラウンドデビューではラウンドレッスンを体験してみるのも1つの方法といえるでしょう。

▼女性のゴルフ初心者に関連する記事


ゴルフのスコアの付け方・女性や初心者の平均スコア
ゴルフの基礎知識
男性 女性別ライを見極め方について]
初心者必見! ボールの位置その3 ティーアップ編 ]

初心者でも安心!女性のためのゴルフレッスンマニュアル

初心者でも安心!女性のためのゴルフレッスンマニュアル

初心者でも安心!女性のためのゴルフレッスンマニュアル

ページTOPに戻る