ウェブレッスン

2017.10.05

【初心者でも簡単】アプローチショットはソールを滑らせる!

こんにちは宮下芳雄です。


今回のWEB LESSONはゴルフ初心者でも簡単に打てるをアプローチショットを紹介!

ずばり「アプローチショットはクラブヘッドのソールをうまく滑らせるかがポイント」です。

具体的にはダウンスイングでヘッドを地面すれすれに低く入れ、さらにフォロースルーも低く出す意識を持っていきましょう。

これができれば間違いなくダフりやトップのミスが出なくなります。

言葉を言い換えると「クラブヘッドのソールで芝生の上を滑らせる、あるいは掃く」イメージでOKです。

くわえて、多少ダフリ気味に入ってもソールを滑らせる打ち方ができているとボールがフェースの上に乗り大きなミスになりません。

打ったボールのキャリーは出なくなりますが、その分スピン量が減り、転がってピンに寄ることが多くなります。

つまりソールを滑らせる打ち方ができればミスに対する許容範囲が広がりアプローチショットを簡単に感じて頂けるハズです。

ソールをうまく滑らせるコツは、低いところからシャローに(穏やかな角度で)ヘッドを入れる事です。

加えてさらに大切なのが、インパクト以降ダウンブローに振っていくということです。


宮下コーチ出演の参考教材はコチラ→
宮下コーチのレッスンスケジュールはコチラ→

【初心者でも簡単】アプローチショットはソールを滑らせる!

【初心者でも簡単】アプローチショットはソールを滑らせる!

【初心者でも簡単】アプローチショットはソールを滑らせる!

ページTOPに戻る