ウェブレッスン

2017.12.06

ゴルフ初心者の最初の難関!ドライバーの難しさとその克服法

コースでの第1打を飾るドライバーショットがまっすぐ遠くまで飛んでいくと気持ちのよいものです。しかし初心者の多くはここでミスショットを繰り返し、出鼻をくじかれてしまいます。
また、ある程度ゴルフの経験を積んできた人の中にもドライバーが苦手だという人は少なくありません。ドライバーは打ちっぱなしなどでもよく使われる初心者にもなじみの深いゴルフクラブですが、その扱い方は意外に難しいのです。そこでドライバーに対して苦手意識を持っている人のために、それを克服するためのポイントについて解説をしていきます。

苦手意識克服のために!ゴルフ初心者が知っておきたいドライバーの特徴


ドライバーはコースでの第一打を打つためのクラブなのでとにかく飛距離が出るように設計されています。
そのため、クラブの中でシャフトが最も長く、ロフト角が小さいという特徴があります。シャフトが長いと振り遅れや打ち損ないも増えてきますし、ロフト角が小さいとボールを上げようと無理なスイングになりがちです。結果、アイアンなどでは普通に打てるのにドライバーではミスショットばかり重ねるといったことが起こるわけです。

ゴルフ初心者がドライバーを選ぶ際のポイント


ドライバーに対する苦手意識を克服するには、なるべく扱いやすいドライバーを選ぶことが大切です。
例えばドライバーはロフト角が小さいほど飛距離が出やすいと言われていますが、それはスイングの速いプロの話です。スイングスピードが並みの人がシャフト角8度などといったプロ仕様のドライバーを使っても逆に飛距離を縮めかねません。おまけに、ボールが上がりににくいのでそれをカバーしようと考えてフォームに変なクセをつけてしまいがちです。したがって、よほどスイングスピードに自信がない限りはシャフト角10度~12度程度のドライバーの方がおすすめです。


また、初心者はなるべくヘッドの大きなドライバーを選んだ方がよいでしょう。ヘッドが大きいとそれに比例してスイートスポットも広くなるので、ミスショットの確率が低くなるからです。それに、見た目が大きいとボールを当てやすいという安心感が生まれます。そうした心理的要因もショットに少なからず影響を与えるものです。


ヘッドの重さに関しては、重いほど飛距離が出る傾向があります。ただし、あまりに重いとヘッドに振り回されて自分のスイングができません。シャフトの長さも同じで、長ければ飛距離は出やすいのですが、長すぎると自分のスイングができなくなってしまいます。そこで、ドライバーを購入する際には、素振りを行って問題なくスイングができるかをチェックすることが大切です。そのうえで重すぎず、長すぎないものを選びましょう。

ゴルフ初心者のためのドライバーの打ち方!4つの基本ポイント


ドライバーショットを打つ際、最初のポイントとなるのがティーアップの高さです。無頓着になんとなくティーを地面に刺して打っている人もいますが、ティーアップの高さは打球に大きな影響を与えます。一般的に、ティーアップが低いと打球の軌道も低くてスライスしやすくなり、高いと打球の軌道も高くてフックしやくなります。慣れてくると状況に応じてティーアップの高さを変えたりするのですが、初心者はアドレスのときにヘッドからボールが半分くらい出る高さに合わせるのがよいでしょう。最初のうちは高さを安定させるためにティーに線を引いておくのがおすすめです。


そして、次に重要なのがグリップの握り方です。初心者はグリップを強く握ってしまいがちですが、それでは手首の動きが固くなり正確なショットを打つのが難しくなります。ドライバーはあくまで軽く握って手首の自由な動きを確保しておくことが、正確なショットを打つコツです。そのためには左手でグリップを握る際、手のひらを使うのではなくて指先で包み込むようにしましょう。


アドレスに関しては、前傾姿勢をとって軽く膝を曲げる点は他のクラブと同じです。ただ、ドライバーはシャフトが長いため、ボールはスタンスの真ん中ではなく、やや左寄りに置いた方がよいでしょう。そしてスタンスの幅は肩幅よりやや広めにとっておくと安定感が出ます。


最後はスイングですが、初心者はよく腕だけで打とうとしてしまいがちです。肩を大きく回転させるイメージを浮かべながら体の回転で打つように心がけましょう。

なぜスライスするの?ドライバーが上手く打てない主な原因は振り遅れとグリップの握り方


ゴルフを始めたばかりの人がドライバーショットを打つとその多くが利き手側にスライスしていきます。ゴルフ初心者が最初に直面する壁だと言っても過言ではないでしょう。
ボールがスライスする原因はいろいろありますが、初心者の場合に多いのが振り遅れです。速く打とうとして腕は振っているのですが、その動きに対してヘッドの動きが遅れてしまうために流し打ちのような形になってしまうというわけです。ドライバーは他のクラブと比べてシャフトが長いため、この振り遅れがよく起こります。そのときにスイングを早くして振り遅れを修正しようとすると腕の動きとヘッドの動きのギャップが大きくなり、よけいに状況を悪化させてしまいがちです。

これを直すには1度スイングのスピードを落としてフォームをチェックすることが大切です。ヘッドが遅れるということは手だけを早く動かそうとして手打ちになっている可能性があります。もしそうなら、下半身の回転の力をうまく使って体全体で打つようにすることでヘッドのスピードが上がり、振り遅れも解消できるはずです。また、グリップの握り方が原因でスライスしてしまうというケースも初心者にはよくあります。グリップの握り方によってはヘッドのフェースがボールに対して斜めを向いてしまい、打球が曲がってしまうのです。フォームを直してもスライスが続くという場合はグリップの握り方に問題がないかをチェックしてみましょう。


ちなみに、独学ではどうしてもうまくいかないという場合はラウンドレッスンに参加して見るという手もあります。プロの指導のもと実際のコースで練習を行えば的確なアドバイスがもらえますし、それだけ上達も速くなります。それに、ゴルフ場未体験ならばコースデビューの前に美しい自然の中でゴルフをする楽しさを知っておくのもよいものです。さらに、ラウンドレッスンには同じ初心者のゴルフ好きが集まるため、交流を広げるチャンスでもあります。その方が、ひとりで黙々と練習するよりもモチベーションも高まり、苦手克服の糸口を掴みやすいのではないでしょうか。

苦手なドライバーショットを克服して広がるゴルフの楽しさ


そのラウンドを気持ちよくプレーできるかどうかは、第1打にかかっているといっても過言ではありません。きれいなドライバーショットを打てれば心も晴れやかになるというものです。

しかし、初心者の間は理想に反してボールは思うように飛んでくれず、イライラする場面も多いでしょう。それを脱するには、ドライバーショットの正しい感覚を身につけるしかありません。一朝一夕にはいかないかもしれませんが、ポイントを押さえた練習を行えば達成は十分可能です。
ラウンドレッスンだと実際にラウンドにでてのレッスンなので、練習や打ちっぱなしでは上手く打てるのに、ラウンドでは上手く打てないという人にぴったりです。ドライバーショットに対する苦手意識を払拭して、ぜひ今まで以上にゴルフを楽しんでください。

▼ドライバーの練習に関連するページ


【レッスン日記】 ドライバー強化レッスン(宮下コーチ)@JGMセベバレステロスGC
ドライバーの飛距離アップに向けて
ドライバーワンポイントレッスン/a>]

ゴルフ初心者の最初の難関!ドライバーの難しさとその克服法

ゴルフ初心者の最初の難関!ドライバーの難しさとその克服法

ページTOPに戻る