ウェブレッスン

2018.02.07

【苦手克服ゴルフレッスン】フェアウエイウッドの上達法

こんにちは。込山郁哉です。
今回のウェブレッスンは打てると嬉しいフェアウェイウッド編です。

コースレッスンを行っているとフェアウエイウッドが苦手な人が多いことに気が付きます。


では、なぜ苦手な方が多いのでしょうか?
理由は他のクラブに比べてクラブの長さが非常に長く、かつクラブのロフト角(クラブフェースについている角度)が非常に
小さいことが原因に挙げられます。

このような長くて、ロフトの小さいクラブを使用すると最初は誰でもボールを上げに行く動作をしてしまうことが多くなります。
それではクラブヘッドの下側にボールが当たり、ダフリ・トップ・チョロといったミスが多くなります。

ではフェアウェイウッドをうまく打つにはどのようにすれば良いか?


フェアウェイウッドも他のクラブと同じように芯に当てることが非常に大切になります。
そのためにはボールのポジションとクラブヘッドの最下点を合わせると芯に当たりやすくなります。
写真2のようなスイング軌道をイメージしましょう。

そのためにはコツがあります。
それはできるだけフォロースルーのヘッドの高さを低く抑えるということです。
(写真3)
フォロースルーが低くなればクラブヘッドの最下点もボールのところに合いやすくなります。

練習方法はボールの先にもう一つボールがあるとイメージしてスイングしましょう。(写真1の黄色ボール)
これから打つボールの先にもう一つボールをイメージすることでヘッドアップなどの上下動も防ぐことが出来るようになります。


フェアウェイウッドは女性の強い味方です


男性の7番アイアンの平均距離が130ヤード前後、女性の7番アイアンの平均距離が100ヤード前後です。これでは女性がいくら頑張ってもゴルフコースが長く感じてしまうことでしょう。
女性ほどフェアウェイウッドをたくさん練習してもらいたいですね。それにより男性と同じ回数でグリーンに到達することが出来るようになります。

3番ウッド(スプーン)は難しいので5番ウッド(クリーク)や7番ウッドにチャレンジすると打ちやすく感じるでしょう。


オンコレでも100切りレッスンやフェアウェイウッドのイベントレッスンなどでフェアウェイウッドの練習を行います。
また、9ホールレッスンや18ホールレッスンで実際にコースラウンドを行いながらゴルフ場で打てるようにすることも大切ですね。


フェアウェイウッドの練習に是非オンコレにご参加ください。

込山郁哉の直近のスケジュールはコチラ

JGMオンコレインストラクター込山郁哉のブログ



【苦手克服ゴルフレッスン】フェアウエイウッドの上達法

【苦手克服ゴルフレッスン】フェアウエイウッドの上達法

【苦手克服ゴルフレッスン】フェアウエイウッドの上達法

ページTOPに戻る