ウェブレッスン

2018.01.29

【ゴルフ初心者でも簡単】腰の開き過ぎを抑えて飛距離アップ!

こんにちは宮下です。

早いものであと数日で1月も終わります。

現在は、この冬の寒さもあってラウンド数は自然に少なくなっているという方も多いのではないでしょうか。

そんなラウンド数が少なくなる季節はスイングを改造するには一番いいタイミングです。

ツアーで戦っているプロゴルファーもこの時期を使いスイング改造をおこなうことが多いと言われています。

そこで今回はスイング動作を向上させるドリルをご紹介!

今回のテーマは「ツイスト(二枚腰)」です。

理想的な腰の動作が身に付くと「飛距離アップ」が矯正できたり「腕の振り遅れ」の向上が期待できます。

ではさっそくその方法をご覧ください。

まず最初に左足を右足の前に交差させてアドレスをしましょう(一枚目の写真)

さらに足を交差させたままの状態でハーフスイングの素振りしてください(二枚目の写真)

次に交差していた足を解き、いつも通りのスイングで打球をおこなって下さい。

この時の交差していた時の感覚を踏まえて打球をおこなうことがポイントです。

足を交差させた素振りと打球を繰り返しおこなうことにより腰の開くタイミングや開く量が、自然に抑制され理想的なスイングが身についてきます。

みなさんもぜひ挑戦してみてくださいね!

今回のドリルに興味のある方、もっと詳しく知りたい方は私が担当するオンコレへご参加ください。

ご予約お待ちしています(・∀・)

宮下芳雄のレッスンスケジュールはコチラ→

【ゴルフ初心者でも簡単】腰の開き過ぎを抑えて飛距離アップ!

【ゴルフ初心者でも簡単】腰の開き過ぎを抑えて飛距離アップ!

ページTOPに戻る